東村 岳史/著 -- 三元社 -- 2006.5 -- 316.81

所蔵

所蔵件数は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
閲覧室 /316.8/ヒ/ 115780173 成人一般 可能 iLisvirtual

資料詳細

タイトル 戦後期アイヌ民族-和人関係史序説
タイトルカナ センゴキ アイヌ ミンゾク ワジン カンケイシ ジョセツ
副書名 1940年代後半から1960年代後半まで
著者 東村 岳史 /著  
著者カナ ヒガシムラ タケシ
出版者 三元社
出版年 2006.5
ページ数 341,15p
大きさ 22cm
一般件名 アイヌ
ISBN 4-88303-180-2 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
言語 jpn
分類記号 316.81
内容紹介 アイヌ近現代史においてもっとも記録の蓄積が薄かった1940年代後半から60年代後半までを、「アイヌ民族-和人関係史」という枠組み設定により多面的に叙述するはじめての試み。
著者紹介 1963年北海道生まれ。名古屋大学大学院国際開発研究科博士後期課程中退。同研究科教員。

目次

序章 問題の所在
  1 はじめに
  2 他者性のとらえかたと当事者性
  3 資料と方法
  4 時代の素描と本書の構成
  5 戦後期の新たな歴史記述に向けて
第1章 『現代のアイヌ』における「現代」の位相
  1 はじめに
  2 取材の経緯と出版の目的
  3 取材対象者との関係
  4 「現代のアイヌ」の位相
  5 和人(日本)社会
  6 おわりに
第2章 「熊祭り」の政治学
  1 はじめに
  2 「熊祭り」の浸透度
  3 「熊祭り」の報道と形態
  4 シャクシャイン祭における「熊祭り」の顚末
  5 おわりに
第3章 観光という磁場の力学
  1 はじめに
  2 観光人類学の視角
  3 戦後北海道の「観光文化」におけるアイヌ表象
  4 観光の「内部」と「外部」
  5 「見せる主体」は可能か
  6 おわりに
第4章 「名作」の誕生と受容(1)-『コタンの口笛』の児童文学性
  1 問題の所在
  2 「名作」の地位
  3 「名作」の誕生と普及
  4 受容と批評
  5 おわりに
第5章 「名作」の誕生と受容(2)-『森と湖のまつり』の素材と主題
  1 はじめに
  2 後年の評価
  3 「名作」の誕生と普及
  4 受容と批評
  5 通俗小説か「名作」か
  補遺
第6章 千島アイヌと「領土返還」運動
  1 はじめに
  2 千島アイヌの消息
  3 「固有の領土」論の歴史的根拠としての「先住民族」
  4 「返還」運動停滞から活性化、そして千島アイヌ忘却
  5 おわりに
第7章 和人が語るアイヌ民族の「誇り」
  1 はじめに
  2 開発の恩人
  3 歴史的文化
  4 「誇り」の語り
  5 「誇り」の条件とパターナリズム
第8章 ユートピアを志向する「開拓精神」と「フロンティア」
  1 はじめに
  2 戦後北海道開発計画と開発論議
  3 「北海道らしさ」とは
  4 「植民地」と「フロンティア」
  5 おわりに
第9章 「道民」は「人間のルツボ」か
  1 はじめに
  2 アイヌと道産子
  3 「同化」・「融合」・「混血」
  4 おわりに
第10章 農地改革、北海道不良環境地区対策、そして北海道旧土人保護法存廃論争
  1 はじめに
  2 土地紛争の記憶
  3 北海道不良環境地区対策
  4 旧土人保護法存廃論争
  5 おわりに
終章 「遠い記憶」と「近い記憶」
  1 はじめに
  2 「遠い記憶」と「近い記憶」
  3 一九七〇年代と現在における「遠い記憶」と「近い記憶」
  4 和人にとっての「近い記憶」
  5 「歴史」の「復権」と過去の蘇生