小島 孝之/編 -- 東京大学出版会 -- 2003.4 -- 319.1

所蔵

所蔵件数は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
地下書庫 /319.1/イ/ 115508343 成人一般 可能

資料詳細

タイトル 異文化理解の視座
タイトルカナ イブンカ リカイ ノ シザ
副書名 世界からみた日本、日本からみた世界
著者 小島 孝之 /編, 小松 親次郎 /編  
著者カナ コジマ タカユキ,コマツ シンジロウ
出版者 東京大学出版会
出版年 2003.4
ページ数 352p
大きさ 22cm
一般件名 日本-対外関係-歴史 , 国際文化交流 , 日本文学
ISBN 4-13-001036-0
分類記号 319.1
内容紹介 歴史と文学とを素材に、異文化理解を深めるための課題と研究協力の可能性を追究した国際シンポジウム「東西交流と日本」の講演・討論等をまとめる。ドナルド・キーンの基調講演ほか収録。
著者紹介 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。前・東京大学留学生センター長。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
世界のなかの日本文化 ドナルド・キーン/著 3-18
東の技芸、西の技芸 樺山 紘一/著 19-38
東アジア諸国と日本の相互認識 村井 章介/著 39-56
松下見林の元禄型国際史学 ロナルド・トビ/著 57-64
ドイツの労働者がみた明治末期の日本 レギーネ・マティアス/著 65-84
トルコ人の目からみた近代日本 セルチュク・エセンベル/著 85-94
近代中国人の日本観の変遷 王 暁秋/著 95-116
近代における日韓間の相互認識 姜 昌一/著 117-136
「相互認識」の立て方、語り方について 孫 歌/著 137-144
歴史学と異文化認識 高山 博/著 145-160
日本古典文学の<開かれた構造> ツベタナ・クリステワ/著 161-178
世界文学としての源氏物語 河添 房江/著 179-200
日本文学とフランス語の出会い 二宮 正之/著 201-216
共通の感受性を求めて ジョルジョ・アミトラーノ/著 217-224
叙事様式と植民地主義言説 権 寧【ミン】/著 225-236
宮沢賢治は日本人に生まれて損をしたのか ロジャー・パルバース/著 237-248
「私小説」とは何か 安藤 宏/著 249-264
フランスにおける日本現代文学 エドヴィージュ・フジモト・ドゥ・シャヴァンヌ/著 265-276
異化の祝祭 中地 義和/著 277-288
他国の文学を読む理由 柴田 元幸/著 289-298
国際化のなかの日本文学研究 伊井 春樹/著 299-312
異文化交流の文学史へ 小峯 和明/著 313-334