伏見 憲明/[ほか]著 -- ポット出版 -- 2002.2 -- 361.8

所蔵

所蔵件数は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
地下書庫 /361.8/オ/ 115093056 成人一般 可能

資料詳細

タイトル 「オカマ」は差別か
タイトルカナ オカマ ワ サベツ カ
副書名 『週刊金曜日』の「差別表現」事件
叢書名 反差別論の再構築へ
著者 伏見 憲明 /[ほか]著  
著者カナ フシミ ノリアキ
出版者 ポット出版
出版年 2002.2
ページ数 174p
大きさ 21cm
一般件名 社会的差別 , ジャーナリズム , 同性愛
ISBN 4-939015-40-8
分類記号 361.8
内容紹介 東郷健をルポした「伝説のオカマ愛欲と反逆に燃えたぎる」は差別なのか? 差別の判定は被差別者だけのものでいいのか、という視点にたって、2001年9月に開催されたシンポジウムの記録や、様々な意見をまとめる。
著者紹介 1963年東京生まれ。評論家・ゲイライター。99年より「QUEER JAPAN」を責任編集。ジェンダー、若者、家族などの問題に発言を続ける。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
アンケート・メディアが「オカマ」を使うのは許せる? 8-9
「伝説のオカマ愛欲と反逆に燃えたぎる」の経過 10-11
『週刊金曜日』の「伝説のオカマ」問題記事一覧 12-17
伝説のオカマ愛欲と反逆に燃えたぎる 及川 健二/著 18-33
「伝説のオカマ」は差別か 伏見 憲明/ほか討議 34-106
シンポジウムの感想 下村 健一/ほか著 107-113
誰が誰を恥じるのか 平野 広朗/著 114-117
私が伝えたかったこと 及川 健二/著 118-120
当事者としての言葉とメディアの権力性 志田 陽子/著 121-124
文脈の問題であり中身の問題 本多 勝一/著 125-126
「オカマ」表現とわたしの“離婚”理由 山中 登志子/著 127-144
謝罪する必要はない 伏見 憲明/著 145
「オカマ」の語をどう受けとめるか 宮崎 留美子/著 146-147